吃音の遺伝

吃音の遺伝

吃音が子供に遺伝しやすいのは、統計的な事実である。
ただ、どの遺伝子が吃音の原因になるかは特定されていない。

吃音の原因となる遺伝子

どの遺伝子が吃音の原因になるかは特定されていない。

しかし、染色体の1番、13番、16番目の可能性が高いと言われている。
※Yairiの吃音研究報告より(2000年)

遺伝説への反対論

吃音の遺伝説に反対する研究者は多い。

主な反論者の説
吃音の原因は、環境によるものが大きいとする説。
吃音者である親は、子供の吃音に対して批判的な態度を取りやすい(ゆっくり話しなさい、落ち着いてなどの注意をする)
そのため、子供が吃音を意識してしまい、話すことに恐怖を覚え、吃音が定着してしまう。

しかし、この環境要因説は、双子の吃音者調査によって論破されている。

双子の吃音者を調査した研究によると、
双子の両方が吃音者である確率は、二卵性双生児(50%遺伝子が同じ)よりも一卵性双生児(100%遺伝子が同じ)のほうが高かった。
このことから、環境要因よりも、遺伝要因が吃音に大きく影響しているというのが現在の定説となってる。

遺伝子特定の今後

遺伝子を特定できれば、吃音の早期治療と予防処置が可能になるため、アメリカを中心に活発に行われていくと予想される。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ