吃音の改善方法一覧

環境調整法

環境調整法は、吃音が自然治癒する環境を整えていく治療法。
幼児期~小学生が対象。

周囲が吃音者の感情や意志を自由に表出できる環境を作る。
それには吃音者が圧力を感じ、自分の感情や意志を自由に出せない環境を改善する。
それにより感情や意志が表出してくるが、周囲はそれを受容する。
吃音者は、自分の感情が受け入れられたことを理解する。
そうすることで意識的ではない、自然な会話ができるようになる。
この満足化に成功体験を積み重ねると自信が付き、自然と吃音は消えていく。

このような自分の感情や意志を自由に出せる環境を家庭で作っていく。
可能であれば保育園や小学校でも行う。

メンタルリハーサル法(MR)

メンタルリハーサル法は、脳科学を利用した治療方法。
吃音が治る環境を頭の中でイメージして改善してく。
中学生~成人が対象。

まず、過去のどもってしまった場面を頭の中でイメージする。
その場面でどもらずに話している自分をイメージする。
これにより、発語の緊張や恐怖が徐々に無くなっていき、吃音も軽減していく。

メンタルリハーサル法を使った改善プログラム「MRM」

メトロノーム法

メトロノーム法は、メトロノームのリズムに合わせて話すことで吃音を無くす治療法。

最初はメトロノームを使い、1分間に40拍のゆっくりしたリズムから始める。
慣れたら、60拍、80拍と徐々に通常話すペースまで上げていく。
これにより、訓練中は吃音が改善する。
しかし、実際に話す場面になると、以前と変わらずどもってしまうことが多い。

反復練習

話す内容を何度も繰り返し練習すると吃音が軽減する。

数回練習するだけで50%近く軽減させてた研究結果がある。
これは人が持つ適応効果や、練習で得た自信が不安を軽減させたからだと言われている。
しかし、時間と共にその効果は無くなっていく。
そのため、本番直前の練習には効果があると考えられる。

薬物療法

吃音の薬物療の一つとして、ドーパミン阻害薬が使用される。
吃音が悪化するのは、ドーパミンが過剰分泌され、脳の活動が阻害されるからだ。
そのため、6週間の服用で吃音が約30%軽減したという研究結果もある。
ただし、眠気、脱力感、口渇感などの副作用が強い。
人によっては、生活や仕事に支障が出る。

DAF(遅延聴覚フィードバック)

DAFとは、イヤホンとマイクがあり、自分の声をコンマ数秒の遅れで聞きながら話せる機械である。
吃音者は、聴覚フィードバックという身体機能を上手に扱えていないため、吃音が起こるとされている。
DAFを使えば人工的に聴覚フィードバック発生させられ、吃音を改善できる。

ただし、自分の声が遅れて聞こえるため、言葉の頭が出ない難発性の吃音者には効果が無い。
また、朗読には効果が認められているが、会話になるとほとんど効果が無いという研究結果がある。
DAFは専用の機械であれば数万円、スマホアプリであれば無料~2000円ほどで手に入る。
DAF(遅延聴覚フィードバック)の詳細

自律訓練法

自立訓練で、吃音のストレスを緩和させる手法。

リラクゼーション法

リラックスした状態で流暢に話すことで自信を付けさせる手法。
メンタルリハーサル法の一つ。

メンタルリハーサル法とは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ