子供の吃音について

吃音の発症

吃音は、子供の5%が発症。
発症時期は2歳~7歳が最も多い。
その中でも5歳が一番多い。
吃音者の98%が、10歳までに発症している。
1歳後半から、発症することもある。

自然治癒

幼児期の吃音は75%が自然治癒する。
ただし親が吃音者の場合は、治癒率が低下する。

性別ごとの自然治癒率は男子が60%、女子が80%と言われている。

吃音の発症時点(どもりはじめ)は、男女比が1対1である。
しかし、成人になると男女比が3:1となり、男児は治りにくく、女児は治りやすい傾向がある。

別の障害

吃音をもつ児童の半数に、別の障害が併存するとの調査結果がある。
主に以下の障害が併存する。
構音障害
学習障害(LD)
注意欠陥障害(ADD)
多動性障害(ADHD)
精神発達遅滞(MR)
てんかん
ダウン症

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ